ふるさと納税 名義 間違え

名義に関連する話は以前 ふるさと納税 家族名義 という記事でも書きました。

 

カンタンに書くと、親の名義を使うべきところを間違えて自分(子供)の名義で寄付したら駄目ですよという話をしたのですが、もう一度おさらいすると、ふるさと納税は寄付をすることで、寄付をした人の税金から控除を受けることができる制度です。

 

寄付をすると、寄付をした人の名前でその自治体から確定申告に使うための書類が届きます。

 

ですので、他の人のふるさと納税をしようとしている時にもし間違えて自分名義でしてしまったらアウトですので注意が必要です。クレジットカードも納税者本人の名義のものである必要があるので併せて気を付けましょう。

 

【参考情報】

ふるなび → ふるなび FAQ

さとふる → さとふる FAQ

noma-style.com → noma-style.com FAQ

ふるなびグルメポイント   → ご利用ガイド ※サイト右上の最上部に「よくある質問」があります)

 

 

名義を間違えてしまって税金控除が受けられないと、返礼品をわざわざ通常の定価より高い状態で購入したことになってしまって大損です。くれぐれも寄付する際の名義人には気を付けるようにしましょう☆

 

あっ、そうそう、名義人も大事ですが、限度額を超えて寄付しないように気を付けましょうね。

 

寄付できる限度額を正確に知りたい方はこちらが参考になります ⇒ 控除シミュレーション

 

その他にも何か気になることがあればこちらのサイトが便利です ⇒ ふるさと納税 FAQ

 

   ​

 

SEO 対策テンプレート

© 2018 ふるさと納税 rss