ふるさと納税の仕組みに関して、カンタンに言い切ってしまうと、

 

①好きな地方自治体に寄付をすると、

 

②寄付をした金額が2,000円を除いて税金から控除されるので、

 

③余分に払うことになる2,000円よりも価値のある返礼品(自治体からもらえるお礼の品)をゲットすれば大変お得

 

な制度、と言うことができそうです。

 

ここまで聞いただけでふるさと納税したくなっちゃった人はこちらを覗いてみてください☆

  ↓ ↓ ↓

利用意向NO1!ふるさと納税

 

 

それではもう少し詳しく説明してみていきましょう。

 

寄付をした金額から税金の控除を受けることができる

 

好きな地方自治体に納税(寄付)できる

ふるさと納税が始まる前は、

自分が納めなければいけない税金(所得税や住民税)は住民票を置いている市町村に払っていたはずです。

 

それを、納税者が応援したい地方自治体へ納税することができるようにしたというのがふるさと納税。

 

田舎を離れて都会で暮らしている人も、

自らの意思で生まれ故郷に納税(寄付の形で)することができるようになりました。

 

ただ、制度上「寄付」とい言葉を使っていますので少し分かりづらいかもしれません。

 

ふるさと納税では「寄付」をしているのですが結果として納税しているのとほぼ同じことです。

 

生まれ故郷でなくても自分の好きなどの地方自治体にも寄付をすることができ、寄付した金額を税金で払うはずの金額から控除してもらうことができます。

 

ここが良く分からない人も多いかと思いますのでもう少し解説してみます。

 

寄付金が税金から控除される仕組み

例として、名古屋市に住むある人の納税額が10万円だとします。

 

ふるさと納税をしない場合には、当たり前ですが10万円を全て住民登録している自治体(名古屋市)へ払います。

 

ここで、仮に2万円を福岡市へふるさと納税したとすると、

 

20,000円 ⇒ 寄付と言う形で福岡市へ

82,000円 ⇒ 税金という形で名古屋市へ

 

払うことになりますので、合計の支払い金額は本来支払う10万円に2千円を足した額となります。

 

寄付した金額の内2,000円は自己負担

名古屋市への支払いが82,000円になっている理由は以下の通りです。

 

寄付した金額のうち2,000円は自己負担することになっているので、

 

10万円 - 1万8千円 = 8万2千円

 

10万円 = 本来納税するはずの金額

1万8千円 = 福岡市へ寄付した金額2万円のうち2000円を覗いた金額

 

ちょっと説明が上手くできているか分かりませんが、

 

理解するべきことは、

 

①元々払うはずの税金の一部を寄付しているだけ

②ふるさと納税を利用することで余分に払うお金はあるけれども、それは2,000円だけ

 

ということです。

 

 

ふるさと納税で得をする人、損をする人

 

制度の内容は何となくわかったとして、

 

気になるのはふるさと納税をして損をすることはないの?という点。

 

上でも書いた通り、

自己負担額として2,000円が発生するのでその分は余分な出費=損かもしれません。

 

肝心なのはそれよりも大きなリターンを得られるのかどうか。

 

結論から言えば、

給料の少ない人 = 納税額の少ない人はメリットが少ない、または場合によっては損をするかもしれません。

 

 

納税額の少ない人の場合

ふるさと納税は納税額と全く同じ金額まで寄付をしていいわけではなく、トータルの納税額の一部だけを​寄付することができます。

 

ですので、納税金額がそもそも小さい方はあまりメリットを享受することができません。

 

どういう事かと言うと、

5,000円しかふるさと納税の寄付ができない場合には、5,000円でもらえる返礼品というのは自己負担額の2,000分の価値がないこともあります。

 

市販で買うよりは高値で設定されてますからね(;^ω^)

 

それなのに何故お得な制度と呼ばれるのかと言うと、

いくら寄付しても最終的な自己負担額は2,000円のまま = 沢山寄付をすればするほど恩恵を受けれるんです!

 

例として、

Aさんは給料が少なく納税額が少ない=寄付できる金額が少ないために1万円寄付してお米を1袋もらいました。

 

それに対して、

Bさんは給料が多く納税額も多い=寄付できる金額が多いために10万円寄付してお米を10袋もらいました。

 

お米一袋の値段が2,000円だとすると、

 

Aさんは2,000円の自己負担で2,000円の返礼品を手に入れたので特にお得感はなし。

 

ところがBさんは、2,000円の自己負担で2,000×10の2万円の品物を手に入れることができました。

 

ここから分かるように、ふるさと納税は寄付できる金額が多ければ多いほどお得になる制度なんです。

 

限度額を超えて寄付をした場合

最後にもう一つ、ふるさと納税で損をする場合は、

 

あなたに許された寄付金の限度額を超えて寄付をしてしまった場合です。

 

これも当たり前な話かもしれませんが、控除される金額の上限を超えてしまった分には完全に自己負担になります。

 

10万円の寄付が許されている場合

※「許されている」というのは、いくらまで寄付できるかの限度額計算をして分かった金額ということ。

 

10万で寄付を止めた場合には2,000円の自己負担ですみます。

 

でも、間違えて15万円の寄付をしてしまった場合には、自己負担額は5万2千円となり、市販より高値で設定されているものをわざわざ買い物をした感じになります。

 

ですので、自分の給料でいくらまで控除が許されているのか(寄付をしていいのか)を正確に把握しておく必要があります。

 

自分はこちらを利用していますが、分かりやすいのでおすすめです ⇒ 控除シミュレーション

 

 

まとめ

どうでしたでしょうか?少しは以前よりもふるさと納税の仕組みが理解できましたでしょうか?

 

ふるさと納税はそこそこの金額を納税する人だったら、やらないと絶対もったいない制度です。

 

今まで内容がよく分からないからと敬遠していた方も、これを機にこのお得な制度を是非活用いただけたらと思います。

 

 

SEO 対策テンプレート

© 2018 ふるさと納税 rss